【経済学】第1回 経済学・経済政策の全体像

シェアする

こんにちは。ドレッドです。今日も診断士ゼミナールでお勉強。今日から経済学がスタートです。だいぶ遅れていますが、2月からもりもり巻き返していきますよ!

今日は経済学の第1回ということで、経済学の全体像のお勉強です。

経済学・・・効率的な資源の分け方について理論的に分析する学問

資源には「形のあるもの」と「形のないもの」があります。

3つの登場主体・・・「家計」「企業」「政府」
3つの市場・・・「財市場」「労働市場」「貨幣市場」

ミクロ経済学・・・個々の企業や家計の行動、あるいはある一つの財・サービスの市場を分析
マクロ経済学・・・国全体の経済を分析。一国経済全体の国民所得や物価・総需要・総供給

予算制約・・・消費者は予算の範囲を超えないように、買い物をして、かつ自分が一番満足できるように買い物する

限界・・・現時点から追加的に1単位変化させたときに、どのように変化するのか

微分・・・「ベストなポイント」を見極めるために条件を調整しながら検証すること

均衡・・・需要と供給が一致すること

GDP・・・国内総生産(Gross Domestic Product)一定期間内に国内で生産された付加価値の総額
※「農家の自家消費」と「持ち家の家賃」と「公共サービスの提供」はGDPに含まれる

よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ 


このブログの更新情報をTwitterで配信しています。
よろしければ、フォローしてください!
@jugedred

facebookページも合わせてフォローお願いします!
Jugedred Project
ブログリンク
スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク