【経済学】第4回 市場均衡と余剰分析

シェアする

スポンサーリンク

こんにちは。ドレッドです。今日も診断士ゼミナールでお勉強です!

経済学の第4回目の講義は「市場均衡と余剰分析」がテーマです。

代替効果・・・相対的な価格の変化によって、消費量が変化すること
所得効果・・・実質所得の変化によって、消費量が変化すること
価格効果・・・代替効果+所得効果

ここでは財が「上級財」「下級財」「ギッフェン財」によって結果が異なることを学びました。

ギッフェン財・・・「下級財である」+「所得効果が代替効果を上回るほど強い」

引き続き第4回のメインテーマの「市場均衡と余剰分析」

ワルラス流調整・・・価格変化による調整メカニズム。「需要>供給」のとき、価格上昇。「需要<供給」のとき、価格下落

マーシャル流調整・・・数量(供給量)の変化による調整メカニズム。「需要者価格>供給者価格」のとき、供給量が増加。「需要者価格<供給者価格」のとき、供給量が減少

余剰・・・市場における取引から得ることのできる利益。余剰が大きいほど資源が有効に利用されている。

消費者余剰・・・消費者が買い物をして「思ったより安く買えて得した」と感じた量

生産者余剰・・・生産者が物を売って「思ったより高く売れた」と感じた量

今日はこんなところです。グラフばかり出てきて大変でした。まだまだ理解が浅いところもあるので、要復習です。


↑わかりやすい解説動画とフルカラーのテキストが勉強意欲をそそります(笑

中小企業診断士合格のためマル秘テクニック、イチオシ情報があるかも?

中小企業診断士を目指して勉強中の人のブログをたくさん読みたい人はこちら↓
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ 

study plusで日々の勉強を記録しています!
jugedred

勉強で疲れた時、やる気を貰いたい時につぶやいているTwitterアカウントです!
お気軽にフォローください!
@jugedred_study

facebookページも合わせてフォローお願いします!
Jugedred Project

このブログの運営者にお仕事を依頼しませんか?

コレカラウェブ

現在はフリーランスのクリエイターとして、ウェブメディアのライティングやホームページ制作、コンサルティングをしています。まずは事業用サイト「コレカラウェブ」にアクセスしていただき、お気軽にお問い合わせください。メールでのご相談は無料です。皆様からのご連絡お待ちしております。

コレカラウェブ公式サイトへ

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク